渋谷 医療脱毛とヘルスケアの専門医院 渋谷皮フ科医院

facebook Twitter Line Instagram

お電話でのお問合せ 0120-213-291 月〜金 11:00〜20:00 土・日・祝日 9:30〜17:00

肝斑治療

カウンセリング予約

肝斑とは


一般的に、30〜40代のアジア人の女性に多く見られる色素性皮膚疾患の一種で、両頬に同じようにできるのが特徴です。原因ははっきりとしていませんが、女性ホルモンの関与、また物質的な刺激による炎症性の色素斑ともいわれています。
肝斑はほかの色素斑と混在している場合が多く見分けるのが難しいので、ただのシミだと思い込んでいる患者様も少なくありません。
肝斑の治療には、トラネキサム酸やビタミンCなどの内服や外用、イオン導入などを長期にわたって継続する必要があり、難治性の肝斑の場合にはそれでも色素が残ってしまうことがありました。

「レーザートーニング」…肝斑治療を可能にする理由

1.均一な照射
「レーザートーニング」でもっとも重要なのは、レーザーが照射されるビーム形です。
通常、レーザーを照射するとレーザービームの真ん中のエネルギーがいちばん高くなり、端にいくほど弱くなります(ガウシアン型)。しかし、パワーが弱すぎる端の部分では効果がみられず、強すぎる中心部では炎症を起こして肝斑が悪化する可能性があるため、今までのレーザー機器では肝斑治療に適していませんでした。「MedLite C6」ならレーザーがフラットに照射され(トップハット型)、均一にエネルギーを届けることができるため、効果的で確実な「レーザートーニング」による肝斑治療が可能になったのです。

2.低出力での照射
肝斑は、ホルモンバランスの崩れなどの原因によって何らかの作用で常に炎症が続き、その結果メラノサイトが過敏になっている状態といわれています。
炎症を起こさせないくらいの低出力でレーザーを照射し、肌の中の蓄積しているメラニンを少しずつ取り除くことで、安全に肝斑を改善します。

肝斑の新しい治療法「レーザートーニング」

「レーザートーニング」とはQスイッチYAGレーザー「MedLite(メドライト)C6」による肝斑の新しい治療法です。
これまで肝斑にレーザー治療は禁忌とされてきましたが、その肝斑への画期的な治療法として、「レーザートーニング」は非常に注目されています。
肝斑のほかにも、ひらいた毛穴やくすみにも効果的で、治療後は肌がツルツルになると多くの方が実感しています。

適応
肝斑、色素性皮膚疾患、色素沈着、毛穴、くすみ

治療回数
1週間に1度、合計5~10回が目安です。

治療の流れ

step.1 洗顔をします。


step.2 弱いパワーでレーザーを顔全体に照射していきます。


step.3 照射後は、しっかりと保湿します。また、日焼けをしないよう注意します。



Before & After

 

7回治療1週間後

 

8回治療1週間後

 

8回治療2週間後

 

5回治療2週間後

 

5回治療1週間後

レーザートーニングのQ&A

Q.痛みはありますか?
A.痛みの感じ方には個人差がありますが、パチパチと輪ゴムではじく程度の痛みがあります。

Q.治療回数は?
A.週に1回、計5~10回の治療をおすすめしています。

Q.注意することはありますか?
A.保湿を心がけ、日中は日焼け止めを塗るなどして、日焼けをしないよう注意してください。こすったりさわったりするのも刺激になりますので、避けてください。治療直後からメイクが可能で、入浴もできます。

肝斑治療の料金(外税)

肝斑トーニング

全顔 35,000円/1回
5回券 100,000円(1~2週毎 期限2ヵ月)

両頬 20,000円/1回